カードローンの返済のコツについて

カードローンを利用する時に、意識しておいて損がないのが、早めの完済を心がけておく事です。
利息は、借り入れした金額に金利をかけた金額を支払うというイメージを持つ人も少なくないでしょう。
ですが、計算方法はもう少し複雑になります。

銀行や消費者金融で書かれている金利というのは、年率となっています。
これは借入して1年後に返済をした場合に必要になってくる金利です。
1年未満に完済をする事が出来れば、金利は日割り計算となります。
その為、利息の計算の際には、元金と金利だけでなく、借入している日数も必要になってきます。

1年間借りて18%の金利の場合、30日で返済すると約1.5%で良い事になります。
ですから、10,000円を1年後に返済すれば1,800円の利息が必要になるのに対し、30日で返済すれば150円で良いという事になります。
その為、借りたら少しでも早く完済をするようにする事で、よりお得に利用する事が出来ます。
毎月、少しずつでも返していたら、途中で更に少し借入しても問題がないと考える人もいるでしょう。

ですが、借入期間が伸びると、それだけ支払う利息が多くなる為、お得に利用したいなら、先に完済する事を心がけておく事がお勧めです。