銀行のキャッシングの金利は安い?

カードローンを実施している金融機関というと大きく分けて消費者金融と銀行に分かれます。
銀行が行うローンならば堅実そうなイメージがありますが、実際その金利に差はあるのでしょうか。

カードローンとは個人向けに行われる無担保ローンです。
無担保なため、その審査は決して甘くはありません。
とはいえ、原則として定職に就いており、安定した収入があれば返済に問題はないとされるので借りることはできます。
カードローン申し込みの体験談を参考にしてみても、普通に生活している人の場合は審査に落ちるということはあまりありません。

ただし、審査に通ったとしてもその人の条件によって金利は異なります。
これは他のローンでも言えることですが、返済に問題がない(安定した高収入)であれば低金利が適用されますが、条件が悪くなるに従い金利は上がります。

消費者金融と銀行では最低金利部分はほとんど違いはありませんが、最高値は銀行の方が低く設定されています。
つまり、消費者金融の方がより多くの人に融資をすることができ、審査に通る率は高くなります。
銀行の審査に落ちても消費者金融ならば借りることができるかもしれません。
しかし、その場合は融資に対する利息も多く払わなければならないということになることが多いでしょう。